アルバイト学生は勤労学生控除で節税対策できます

よくアルバイトをしている学生は年収が103万を超えると税金がかかるので働かない方が良いという話を聞きますが、103万を超えたとしても実際には課税されない場合があります。
なぜかというと、年末調整をする際に勤労学生控除という制度があるため、所得金額から27万控除することができるという規定があるためです。そのため、この勤労学生控除と合わせると、年間で130万まではアルバイト収入があっても税金がかからない事になります。

しかし、なぜ103万と言われるのかというと、親の税金が大きく関係しているからです。

親の税金を計算する際に扶養控除というのがあり、これは扶養親族の所得金額が38万以下の時に適用することができるのです。つまりアルバイトをしている学生の年収が103万を超えると親の扶養から外れてしまうのです。

とは言え、実際にアルバイトをしている学生のうち、年間で103万円を超える年収を稼いでいる人は少ないと思いますが、勤労学生控除を知っているか知っていないかで親の税金が大きく変わるので、12月の時点で103万円を超える可能性がある場合には、年末はアルバイトをセーブするのも1つの節税対策かも知れません。