ガソリン価格高騰の原因は地球温暖化対策税

最近は二酸化炭素の排出量が多くなって地球温暖化が問題になっていることから、地球温暖化に関する税金が作られました。

地球温暖化税は、主に二酸化炭素を排出する源となる商品の中に含まれていることが特徴です。地球温暖化税が掛けられている代表的な商品はガソリンです。
ガソリンの価格の全体に数パーセントの地球温暖化税がかけられています。ガソリンの価格は卸売りによる販売の価格とガソリンの本体の税金と消費税で価格が決まるが、地球温暖化の対策としての税金がかけられることによって、ガソリンの価格が飛躍的に上昇する事になったのです。

地球温暖化は徐々に進行している事が分かって、ガソリンを中心に二酸化炭素を排出する商品に関しては、地球温暖化税を年々増税する意向です。

従って、外国の情勢によりガソリンの価格は下がる事も考えられるが、増税によってこれから下がる気配がないです。

今年の4月に消費税の増税を行った際に、食料品などの商品よりもガソリンの価格が飛躍的に上がったと感じました。

実はガソリン価格が飛躍的に上がったのは、消費税の増税の影響ばかりではなくて、地球温暖化税が今年の4月から大幅に増税された事で、急激にガソリンの価格が上がったのです。