サラリーマンと個人事業主の手取金額の違い

サラリーマンは毎月の給料明細を見たときに、こんなにお金を稼いでいるのに、なんで手取りの金額はこんなに少ないのか疑問に感じている人も多いと思います。

この仕組みは、会社から受け取る給料から所得税や社会保険料、住民税、旅行積立金などが控除されて従業員の預金口座に振り込まれるので、給料の支給金額よりも実際の振込金額の方が低くなるのです。
それでは、個人事業主などのフリーランスはどのようになっているのかというと、健康保険は地元の区役所や土建組合に加入して、毎月一定金額を支払っています。ただし所得税はサラリーマンのように毎月支払っている訳ではなく、確定申告の際に1年分もまとめて支払っています。

それではサラリーマンは毎月所得税を支払っているから個人事業主と比較して損をしているのかというとそうではなく、個人事業主は確定申告で所得税だけではなく消費税も支払ますので、むしろ個人事業主の方が税負担が大きいと言えます。

ただし、サラリーマンであってもアフィリエイトや「せどり」などによる副業収入がある場合には、個人事業主と同様に確定申告の義務が発生しますので注意が必要です。(副業で利益が出ているのに確定申告をしなかった場合には、加算税や延滞税などのペナルティが課されます。)