市販薬も確定申告で医療費控除で還付を受けられます

私も妻も定期的にかかっている病院があるので、年間の医療費はそれなりの額になります。

その医療費の金額を確定申告で申告すれば、一定金額の所得税が還付される医療費控除の適用を受けることができます。

医療費控除を受けるために領収証を取っておく必要があるのですが、私は整理するのが面倒臭いので、病院に通うたびに金額をエクセルで病院ごと日別に入力していました(これは確定申告の時にそのまま使えます)

また医療費控除には通院のために支払った交通費も使うことができるので、その金額も記録しておくようにしましょう。

また、病院で支払ったもの以外にも市販の医薬品を購入した金額も医療費控除の適用を受けることができます。

ただし、多額の医療費を支払った際に後日、保険会社や健康保険組合から保険金などを受け取った場合には、その金額は支払った医療費から控除しなければいけないので、場合によっては10万円を下回って結果として医療費控除の適用を受けることができない場合があります。

医療費控除は手間がかかるので面倒くさがって確定申告しない人が多いですが、1番簡単にサラリーマンが出来る節税対策なので、年間で10万円以上、医療費を支払っている場合には必ず還付申告をするようにしましょう。